FC2ブログ
2014_01
30
(Thu)10:00

就職活動を勝ち抜くために

Category: 営業的観点
昨日の話と似た内容ですが、
孫子の「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」という有名な言葉があります。

ちなみにこの言葉、原文と続きはこうなっています。

『知彼知己者、百戦不殆、不知彼而知己、一勝一負、不知彼不知己、毎戰必殆』

彼れを知り己れを知れば、百戦殆(あや)うからず。
彼れを知らずして己れを知れば、一勝一負す。
彼れを知らず己れを知らざれば、戦う毎に必ず殆(あや)うし。


営業=戦いですので、個人的には深くて好きな言葉ですが、
一番上が一流の営業マン、真ん中が二流の営業マン、一番下が三流の営業マン
だと思っています。

お客様の経営課題や問題、隠れたニーズを的確に把握し、
その課題を自社製品で根本的に解決できる提案ができるのが一流

お客様の課題や問題は良く分からないが自社製品のメリットを紹介したところ
たまたまお客様が困っているポイントと一致して買ってもらえるのが二流

お客様の課題も把握できず自社製品のメリットも正しく説明できないのが三流


就職活動の場合も同様です。

自己分析が終わった後は受ける会社のことも調べて準備しておく必要があります。
受ける会社の何を知っておけばよいかはまた別の機会にご紹介します。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

:
:
:

:
管理者にだけ表示を許可する

パスワードを入れておくと後で編集できます

自己分析«PREVHomeNEXT»自分を知らずして売り込むことはできない

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。