2014_02
03
(Mon)10:00

『弱み』を強みに変える

Category: 自己分析
人間、『強み』があれば当然『弱み』もあるものです。

また、相手の立場や役割によっては『弱み』が『強み』になったり、
『強み』が『弱み』となってしまったりするものなので、
説明の仕方によっては出てきた『弱み』を『強み』に変えてしまうことも可能です。

例えば、
『アクティブ(積極的・挑戦的)で失敗を恐れない』性格だったとします。

これを長所として捉えると、
『積極的で物怖じしない。』ということで業務改革や新プロジェクト立ち上げなど、
新たなことを行う戦力として期待できます。

しかし、見方を変えると、
失敗を恐れないし積極的に挑戦する人は『楽観的でミスする可能性がある。』
とも言えるのです。ミスの許されない職場やルーチンワークが多い職場では
説明の仕方を間違えると、短所として捉えられてしまう可能性があるでしょう。

同様に、
『消極的で色々情報を集めても実行できない』という短所があったとしても
裏返すと『情報収集に時間をかけ慎重に物事を判断する』とも言えるでしょう。

他にも一概には言えないものの、

自分で話すのが苦手⇒これまで人に話をさせていることが多い⇒人の話を引き出すのが上手い
人の話を聞かない⇒信念を曲げずに人を説得することに長けている
理屈っぽい⇒ロジカルに話をする、根拠を持って話をする
思いつきで話す⇒アイデアマン
etc.

何か具体的な例があれば良いのですがちょっと思いつかないので、
もし短所を長所に変えたいが思いつかない、という方がいらっしゃればコメント頂けると
ありがたいです。(必ずご返答はできないかもしれませんのでご了承下さい。。。)

ちなみに、『怠けグセがある』とか『勉強嫌い』とか自分の意思一つで変えられるものは
裏返せない『短所』なのでご注意を・・・
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

:
:
:

:
管理者にだけ表示を許可する

パスワードを入れておくと後で編集できます

会社側から見た『新卒採用』を知る«PREVHomeNEXT»出てきた自分の『強み』に自信を持つ

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。