2014_02
02
(Sun)10:00

出てきた自分の『強み』に自信を持つ

Category: 自己分析
日本人は強みや長所を見つけたりアピールしたりするのが苦手、
弱みや短所は見つけてしまう、といういう話を前回しました。

そのため、自分の話に自信が持てず、
面接官に質問された際に上手く答えられない、ということがあります。

学生さんと話をしていても、もっと自信を持ったらいいのに、と
思う学生さんがたくさんいます。

就職活動では過去の成果、を見ているのではなく、
これから活躍できる人材か、という将来の可能性を見ています。

この『将来性』というのは具体的に言うと、
人間性であったりコミュニケーション力だったりします。

つまり、言葉は悪いですが
面接官や採用担当はみんなが驚くような強烈な強みや長所、
エピソードを期待している訳ではないので、

『些細な話を膨らませて自信を持って堂々と話しましょう!』

ということです。

強みや長所を見つける一番の方法は、個人的には
以前も話をしたように、周りに聞いてみることだと思っています。

後は、それを裏付けるエピソードを思い出して
ストーリーを肉付けしていきましょう。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

:
:
:

:
管理者にだけ表示を許可する

パスワードを入れておくと後で編集できます

『弱み』を強みに変える«PREVHomeNEXT»『強み』がない

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。